アフターピルでも血液の量を減少させることは出来る

アフターピルの利用であっても血液の量を減少させることが出来るので、生理の苦痛を小さくすることは出来ます。
元々、ピルと言うのは性行為の前に服用しなくてはいけないものです。そうしないと、性行為をするときに避妊の対策をしたことにはならないからです。避妊の対策をする時には必ずそのための対策をしなくてはいけませんが、一般的にそうした対策を行うのは事後ではなく事前に行うことが大切です。これはピルに限ったことではないので注意が必要です。
では、性行為をした後に避妊をすることは出来ないのでしょうか。実は、アフターピルという薬を使うことによって避妊そのものは行うことはできます。しかし、期間が限定されていることに注意をしなくてはいけません。性行為を行うと、精子と卵子が出会って着床することになりますので、数日間何もせずに着床が済んでしまったときにはアフターピルを利用したとしても避妊を実現することはできません。使用するときには、こうなる前にしっかりと事後的に使わなくてはいけません。
また、アフターピルの成分と効能は普通のピルとほとんど同じであるため生理における出血を減少させる働きを持っています。女性の中には生理の際に過剰に血液を出してしまう人がいます。当然ながら、そのようなことを続けている人は生理の際にかなりの苦痛を感じることになるため何らかの対策をとらなくてはいけません。
本来ならば、ピルは避妊薬なのでこうした生理の時期をずらしたり程度を和らげる目的で使わないのですが、症状がきつい人には血液の減少や生理の時期をずらすために薬を服用することが許されています。アフターピルにはこうした用法があることを知っておきましょう。