アフターピル服用後の周期乱れ、トリキュラーで解消

アフターピルはその服用のタイミングによっては生理の周期乱れを引き起こす可能性があります。アフターピルは多量の女性ホルモンを一気に体内に取り入れることで卵子の受精を防ぎ、子宮内膜組織を剥がしていく効果があります。つまり、強制的に生理を起させていくのです。アフターピルを服用するのが生理予定日まじかであればまだしも、排卵日、もしくはその前だった場合には、生理のタイミングが大きくずれてしまう事になるのです。
しかもアフターピルは服用後どの程度で生理が来るのか、予想を立てることができません。一般的なケースであれば1週間程度といわれていますが、早い人であれば服用から3日後、遅ければ3週間後といったようにその日数はバラバラなのです。
元々は生理周期は正常であっても、アフターピルによるホルモンバランスの乱れをきっかけに周期乱れを引き起こすことも十分に考えられます。
そんなアフターピル服用後の生理の周期乱れ、トリキュラーをはじめとする低用量ピルで解消することはできるのでしょうか。結論から言えば、それはできいます。そもそもトリキュラーはそういったホルモンバランスの乱れなどが原因の生理不順の治療のために服用されるケースが多いのです。トリキュラーは女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスを調節しながら摂取していくことで、正確なタイミングで生理を起すことができます。この便利な効果を利用して、中には生理周期を変更したり、生理の日程を調節する人もいるのです。それほど、トリキュラーの服用によって得られるメリットは多く、実際にアフターピル服用後の避妊、生理周期の正常化のためのアイテムとして打ってつけなのです。