横浜でアフターピルを用意するならクリニックがオススメ

アフターピルは妊娠を防いでくれるお薬ですが、個人輸入でも買えるのですが、横浜にいるならクリニックでもらうのが懸命です。アフターピルはいくつかの種類がありますが、概ね72時間以内に利用すれば妊娠を9割以上の確率で防いでくれると言われています。しかし、体調やホルモンバランスの状態によっては副作用がでてしまうこともあるようですから、クリニックでお医者さんに診察してもらいながらアフターピルを処方してもらうのが良いようです。また、クリニックでクリニックで診てもらえば、体調に合わせて他の薬も処方してもらえることもあります。横浜でアフターピルを得るにはクリニックの他にも個人輸入などで同等品を買う方も多いのですが、アフターピルについては成分が同じだからといって個人輸入するのはリスクがあります。横浜には個人輸入の代行業者も多いのですが、サービスにかなりの差がありますので注意が必要です。個人輸入する場合には特に納期について確認が必要です。輸入ですので数週間かかってしまうことも多いです。アフターピルは72時間以内に服用、できる限り早くに利用しなくてはなりません。緊急事態の場合にはクリニックで処方してもらうことをオススメします。アフターピルについては妊娠を防いでくれるだけではなく、万が一受精が起きてしまった場合に子宮内膜への着床を防いでくれる効果があるものが増えています。72時間という時間では受精が起きてしまうことも多く、着床まで防ぐタイプのアフターピルの利用がオススメです。ただし、着床も防ぐタイプであっても100%妊娠を防ぐものではないので要注意です。高い確率のものでも数%は妊娠をしてしまうリスクがあります。